大きく脚を開かれた姿で何度も狂わされ淫汁を漏らす妻 21

056.jpg

広告


公告
A10サイクロンSAプラス

多分もう、今の妻には男言葉に逆らうことは出来ないでしょう。男に言われたまま彼の口元に自ら唇を寄せて「あぁッ す、好きッ ああッ 好きッ!」自ら舌先を出しチュルチュルと男の唇の上をなぞりながら 

「好きッ あああッ も、もっと もっとぉ」完全に快楽の渦にのまれてしまい、妻の方からも腰を使い出し、身体も再び震え始めました。「あああッ! いいッ! いいッ! ま、また逝くッ!逝っちゃうぅぅ!!」 

広告

妻の秘部と男の肉棒が出し入れされる部分からは、ビシャビシャと妻が汐を中で溢れさせている音が聞こえ、小さな雫がその周りに飛び散っています。「ダ、ダメッ! い、逝くッ! 逝くッ!逝くッ! 逝くぅぅぅッ!!!」 

身体を大きく波打たせ、絶叫しながら妻が二度目の頂点を向かえました。頂点は二度目ですが男に誘導された強制オナニー、男に覚えさせられてしまったボルチオ感覚時を入れると、いくつの波が妻の全身や頭の中を襲ったのでしょう 私には想像がつきません。

かなりショックな言葉を妻の口から聞いてしまった私ですが、股間は熱いまま、まだ完全勃起にまでは遠いですけど 少し硬くなってきました。 情けない話ですが・・・。二度目の頂点を向かえた妻。 

再び全身の力が抜けたように男の厚い胸板に身体を預けています。 「はぁはぁはぁ・・はぁはぁ」 まだ息の荒いままの妻を、男が再び責めたてようとしています。 

グッタリとした妻を今度は休ませようとはせずに妻の身体を抱き起こし、自分もベットの背もたれに大きな身体を預けました。「ぁぁぁっ・・っ」 抱きかかえられ甘い吐息を漏らせた妻ですが、男に身体を預けたまま、首に回された手も外されました。
 

彼の肉棒の根元は妻が溢れさせた淫蜜でベトベトに光らせたままガッチリと妻のラビアを開き押し込められたままの状態です。「ジュッ!!」 妻のお尻に両手をあて、激しい音と共に初めて男が肉棒を引き抜きました。

見る見る内に氏の肉棒から袋を伝い、膣内で溜まっていた妻の淫汁が ベットのシーツを汚していきます。「思った通り たくさん出てたねぇ 奥さん」 妻の中に押し込めた肉棒の感覚で分かるのでしょう 鈴木氏が再び妻を辱めます。

「い、いやっ 恥ずかしいぃ」 全身の力が抜けたような感じの妻ですが、大きく脚を開かれたままの姿です何度も狂わされ、自ら淫汁を漏らせたのに気づいたのか、髪を振りながら消え入りそうな声で答えています。

広告

広告
関西マニア倶楽部

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする