SM不倫調教されてた妻一覧

ビデオの中で変貌した淫乱妻を見せつけられてしまった 33

私は思わずその「20221204」という名のビデオファイルをクリックしようとするのを必死で抑えました。妻はクリスマスイブのビデオの中で、旅行では一晩中責められ、8回イったと告白していました。妻と男の情事の極限が記録されていると思われるそのビデオを今観てしまうと、私はこれから帰ってくる妻を殺してしまうかもしれません。

温泉旅行と偽りオマンコ旅行していた淫乱妻でした 32

先程のビデオで、妻は前後に張り型を呑み込まされて激しくイキながら、恋人同士のような熱い接吻を男と交わしていました。それが私を深い絶望の淵へと叩き落とすのです。ファイル名から判断して、妻と男はだいたい月2回のペースで会っているようでした。昨年のカレンダーでチェックすると、曜日はまちまちですがどちらかといえば土曜か日曜が多いようです。

脂ぎった、セックスしか頭にないといった感じの男 31

この時点で妻はすでに男から毛ジラミをうつされています。ビデオの中で確かに妻は男に向かってそういっていました。つまり、去年の7月15日以前から妻と男は関係を持っているということになります。さらに妻が男から毛ジラミをうつされたということは、男には妻以外にも女がいるか、風俗で遊んでいるという可能性が大きくなります。

妻のオマンコの毛は何度も剃られツルマン状態でした 30

呆けたように液晶画面を見つめていた私は急に我に返りました。私はのろのろとマウスを操作し、メディアプレイヤーを停止させます。画面一杯に広がっていた妻の白い尻の残像が私の視界を占領しているような錯覚に陥ります。妻を始めてエクスタシーに導いたあの夜に違和感を覚えたのです、短く揃えられた陰毛──それは、男に剃毛されていたからだったのです。

「ケツの穴の周りのムダ毛も剃ってやる。思い切り足を開け」29

男は張り型を妻の身体から引き上げると、再び剃刀を取り上げ、快感の余韻に酔っている妻の陰毛を剃り上げていきます。 「シェービングクリーム以外に、貴美子のおつゆがたっぷり出ているから剃りやすいぞ」そんな男の卑猥なからかいにも抵抗を示さず、妻はまるで剃毛そのものを楽しんでいるようにうっとりと目を閉じています。「ほら、だんだん赤ちゃんみたいになってきたぞ」

「ケツの穴はどうだっ」「け、ケツの穴も気持ちいいですっ」28

妻はガクガクと尻を揺さぶりながら、強制された卑語を──いや、もはや強制されているとはいえません。しっかりと自分の意志で口走ります。「ケツの穴はどうだっ」「き、気持ちいいっ」「ちゃんというんだっ」「け、ケツの穴も気持ちいいですっ」(ケツの穴……)

「淫乱な人妻貴美子のオマンコと、お尻の穴をいじめてください」27

私が妻のことをセックスに関しては淡白だと思っていたのは大変な誤りだったのでしょうか。男は妻を散々焦らすと再び張り型で責め、絶頂寸前で責めを止めるという行為を繰り返します。妻はまさに半狂乱になりながら男の愛撫を求めてます。ついに屈服した妻は男の言うとおりの卑猥なおねだりの言葉を吐かされます。

「ああ~~我慢できないっ。イカせてっ。イカせてくださいっ」26

「いや~~、お尻はいやです」妻は再びむずがるように尻を振ります。すると男はそんな妻の動きを制するように張り型の動きを早めます。「あーん」再び妻の嬌声が部屋中に響きます。「一度ここの味を経験してみろ。病み付きになるぞ」「だってーー絶対痛いわ~~」 「貴美子が毎日出しているウンチのほうがよほど太いぞ」

「淫乱人妻貴美子のお、オマンコに、にせチンポを下さい~~」25

「今日からはこんな風に言ってみろ」男は妻の耳元に口を寄せます。「そんなーー言えない」「いえなければずっとこのまま生殺しにしてやるぞ」「いやーー我慢できないーー」「それならちゃんと言うんだ」に叱咤された妻はついに強制されたその言葉を口にします。「チンポ大好きの淫乱人妻、貴美子のオマンコににせチンポを下さいーー」「もっと大きな声で!」 「淫乱人妻貴美子のお、オマンコに、にせチンポを下さい~~」 男はにやりと笑うと張り型を妻に挿入していきました。

「エッチな人妻の貴美子に、にせチンポを下さいーー」24

「じっとしていろ。いつものように一度イったら落ち着く」「そんなこといってるんじゃないーー剃られるのが嫌なのーー」 男はそう言うと妻の上半身に取り付き、うなじや乳房にチュッ、チュッと音を立てて接吻を注ぎ込みます。執拗な愛撫が続き妻はついに「あーん」と甘い声を上げ始めます。

スポンサーリンク