2024年01月一覧

肉棒を喉元奥まで咥え唾液を鳴らしながら唇が動いています 15

相変わらず両腕を組んだまま、妻の行為を見ている男です。「お、美味しいです ぁぁぁっ・・っ」 彼のの肉棒の裏に舌先を這わせたまま答える妻なのです。「好きか? 美智子」 一層大きく脚を広げ 自らM字にした男が聞きます。「ぁぁぁっ・・っ す、好き 好きです ぁぁぁっ」 M字に開かれた彼の股間に一層顔を近づけ、何も言われないまま、肉棒の根元を細い指で扱きながら、今度は彼の袋の部分にも舌先を這わせ始めました。

妻はオマンコ汁で自ら漏らした彼の肉棒にむしゃぶりつきました 14

オマンコを突かれたまだその余韻が身体に残っているのでしょう。恥じらいもなく恥ずかしい言葉を口にして男の肉棒にむしゃぶりつきました。「ああぁっ ああぁぁっ・・っ」 自ら漏らせた蜜で汚れた男の肉棒です。そんなことも気にせず根元を小さく扱きながら、顔を横に背け舌を這わせる妻なのいです。 大きく張ったカリの部分にも丁寧に舌先を這わせています。「あうっ! んぐっ!!」彼に何も言われてないのに、妻自ら大きく口を開き肉棒を含みました。

絶頂が近づいてきたのか妻の身体が小刻みに震え始めました 13

私にもはっきり聞こえる妻の秘部から蜜が溢れ出す音です。 男は再び妻の尻肉をガッチリと掴み、逞しい肉棒を押し込んでいます。「あああぁぁッ! ゴ、ゴメンなさい と、止まりません ゴメンなさいッ! アアッ いいっ!」 秘部から漏れる音が変わり、自分の中でも蜜が溢れてるのが分かるのでしょう 妻は男に謝りながらも、その快感に身を捩りシーツをギュッと握り締めています。「いいッ! 当たる! あたってるぅ! ああッ! い、逝きそう!!」  

いい女はセックス上手!愛をセックスで表現できるか大切なのです

今回は、季節柄「セックス」と「上質の女」の相関関係について考えてみることにします。クリスマスを含む冬休みと、情熱満開の夏休みは、既婚未婚問わず、性に関してポジティブになるシーズンだと推測しています。「いい女はセックス上手」という雑誌の特集的なタイトルは、セックスに関して自信がない女性陣にも、「いい女をめざして自分のセックスアピールを見つけてね」とい う意味をこめたものです。

男根を咥えさせられ後ろからはオマンコされる妻でした 20

妻の両足を掴んでは、くるりと私の方に妻の尻を向けたのでした。「ほうら、よく観な、まだ使っちゃいね―んだよ」言葉と同時に妻の両股は無残に大きく開かれました。濡れて膨れ上がった陰部からは私もこれまで見たこともないほど大きくクリトリスが飛び出しておりました。

妻は肉棒を掴んで自分の股間に引き寄せているのでした 19

絶頂に追い込まれた妻が息を弾ませると、すかさずYとKは体を離し、妻の潮が引くと又・・獣のように貪欲に喰らいつくのです。声こそ出ませんが髪を振り乱した妻の顔は淫性を帯びて、あろうことかKの肉棒を掴んで自分の股間(こかん)に引き寄せようとさえするのでした。

乳房とオマンコを2人の男に舐められ時折痙攣させ悲鳴を 18

その時、襖越しに息を弾ませたような短い切れ々の悲鳴に続いて、「むむ~ん」と妻の長く尾を引く声が響きました。わたしは気になって咄嗟(とっさ)に襖の隙間に顔をあてて中を覗き込みました。部屋は薄暗くぼーっと浮かぶ白い布団の上には妻に絡みつく二匹の淫欲な獣丸出しの性欲旺盛なオオカミがおりました。

スポンサーリンク