義母の両脚は私を締め両腕で背中を抱き込んできました 61

009.jpg

広告

ちょうどカリの上部がアナルに嵌っているビーズと

擦れているのが判り堪らなく刺激的なのです。

義母もきっと膣と尻の穴が同時に嵌められて

1+1=2以上の快感を感じていたに違いありません。

「お母さん、チンチンとビーズがお母さんの中で擦れて気持ちがいいですよ。義母さんはどう?」

広告
アダルトグッズのNLS

「良一さん、体の中でチンチンとビーズが擦れているのが判ります~とっても気持ちいいの~~~」

「お母さん、下になって貰いますのでアナルビーズ抜けないように持っておくんですよ。いいね、お母さん。」

そう言ってから正上位にして義母を突付いていると義母のアナルに収まっているビーズの

ぼこぼこ感を肉棒の裏筋に感じて滅茶苦茶気持ち良かったのでした。

「お母さん、私がオマンチョ突付いている間、アナルビーズを自分で出し入れしてみて。出来る?」

広告
アダルトグッズのNLS

「判ったわ、良一さん・・・」

義母がアナルビーズを出し入れしだすと更に私の裏筋が擦れて快感が増幅されていったのです。

「お母さん、チンチン茶苦茶気持ちいいよ。」

「あぁ~ん、良一さん、私も気持ちいい~~~」

私は射精が近くなって来たのを感じたので更に打ち込みを強くしているとすると、

義母はそれに合わせて下から突き上げて更なる快感を求めているようでした。

そのうちに義母は両脚で私を締め上げるように挟んで

両腕を私の背中に回して抱き込んできたのでした。

広告
アダルトグッズのNLS

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする