淫汁が女唇より溢れ出すのが、自分ではっきりと分かりました 20 

bandicam 2022-11-13 22-21-35-015.jpg

広告


広告

「ブチッブチ」とボタンが飛び 下からシミーズに包まれた乳房が覗きます。

「あっああーひどいことしないで!」私は余りの事に佐藤を見つめます。

佐野はそんな私の事などお構いなしに嬉しそうに笑うとブラウスを肩から無理やり外すのでした。

縛られているので全部脱がすわけにはいきません。

広告
電動クリチュパ娘

そうして次にシミーズの肩紐も肩から外すと 下にズリ下げ乳房を丸出しにするのでした。

私は自分の縛られた胸を見るのでした。無残に引き千切られたブラウスの間から

上下を縄で縛られてそれによって搾り出された様に突き出た乳房がピンク色に染まって息づいています。

その途端に私の子宮が「ジン」と痺れた様になりはっきりと淫汁が女唇より溢れ出すのがわかりました。

広告
ブラン・シークレット

佐野はそのあらわになった乳房を、わざと乱暴に鷲掴みにして揉みだし すでに痛いほど勃起している乳首を、

潰すようにつまみ引っ張っては弾くのでした。

「いたっいたいいーーあん、佐野さん・・いたい・・・やめてーーらんぼうは・・・いたあーーい、あん・・あん・・」

すると佐野は両方の乳首をつまむと 左右に引っ張るように広げて

「幸恵! 俺のことは『旦那様』と呼べと言ったろう。それに奴隷の分際で『やめて』とは何だ!『お許し下さい』だろうが!」

佐野は日頃の優しさからは想像も出来ない強い口調で私に罵声を浴びせるのでした。

広告
亀頭オナニー道場

「あん、おゆるしくださーいっ、だ、だんなさまあーーあん」私は佐野から乳房を乱暴に扱われている内に乳房に痛みを感じてはいましたが、

その痛みの中に身体の芯が痺れるような快感が湧き上がってくるのを感じているのでした。

その上、佐野に罵声を浴びせられる事によって自分が佐野の『マゾ奴隷』として身も心も奪い取られて

征服されてゆくせつなくも甘い被虐感に酔って行くのでした。

広告
人気オナカップTOP30 カップのオナホぜんぶヌク!大作戦

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする