ビンビンの肉棒を一刻も早く義母の膣中に突っ込みたい 59

041.jpg

広告

義母ははっきり言おうとすると上手くフェラチオが出来ない、

フェラをしようとすると上手く言えないというジレンマに陥っていました。

その上、尻の穴はビーズを出し入れされていてその刺激から逃れようとしてか、

或いはもっと受け止めて刺激を増幅させようとしてか尻を振っているため、

そちらにも気を取られていて義母は混乱し切っていたようです。

広告
アダルトグッズのNLS

とうとう耐え切れなくなった義母はフル勃起した

私の肉棒をブルンと吐き出して叫ぶように言ったのです。

「良一さん、焦らさないで早くチンチン入れて~~早く~~~お願い~~~~~」

私は後ろに回りアナルビーズの端を跳ね上げておいて、

片手で義母の腰を持って亀頭を液が垂れている陰部の中心に当てて焦らすように言いました。

広告
アダルトグッズのNLS

「お母さん、どうして欲しい?」「・・・入れて~良一さん、入れて~~~」

「スケベーお母さん、これ娘の旦那のチンチンだよ。それでも入れて欲しいの?」

「・・・入れて欲しい~・・・早く入れて欲しい~」

「お母さん、それじゃ『陽子、良一さんのチンチンでオマンコしてもいい?』と

聞いてみてみて。どう言えるかな?」

広告
アダルトグッズのNLS

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする