大きく硬い肉棒を身体を震わせながらどん欲に求める妻の姿 17

042.jpg

広告


公告
メクル・クリ・ボーテ

「欲しいのかい?」 身体を引き寄せられ、肉棒から手が離れてしまった妻。 逆に男が妻の尻肉を開き、卑猥に光る亀頭部分を妻の入り口に宛がっています。「ぁぁぁっ ほ、欲しいです お、お願い」 

男の首に手を回しながら、再び哀願する妻。「じゃあ ちゃんと敬語でお願いしなけりゃ、なぁ美智子」 肉棒の根元を自ら握り、妻の秘部の入り口を擦男。「ご、ごめんなさい い、入れて下さい お、お願いします ァァァッ・・ッ」 

声を身体を震わせながら、再び男の唇に自らの唇を押し当てる妻。完全に男の手中に堕ちてしまったようです。「こうして欲しかったんだ 美智子」 根元を支えていた手を離し、妻の尻肉をグッと開いた瞬間

広告

赤銅色に光る亀頭が、妻の潤った秘部にジュルジュルと音を立てて飲み込まれました。「アアッ!!」 男の唇に自ら唇を合わせていた妻の口が離れ、大きな声で喘ぎました。

「大きいか? ん?」 肉棒を半分ほど埋め込み、動きを止めて男が妻に問い掛けます。「あぁぁっ お、おっきい 大きいです ぁぁぁっ・・っ」妻の膣壁が再び開かれいるようです。

「硬いか?」 尚も問い掛ける男です。「ああっ 硬い、硬いです アアッ」 まるでオウムのように、男の言葉を繰り返す妻。「好きか? 美智子」 妻の尻肉を開き、途中で止めたままの男の肉棒。

「す、好き 好きです ぁぁぁっ・・っ も、もっと入れて下さい お願いっ!」 真っ白な身体を男に預け、自らお尻を突き出し押入れようとする妻なのです。「何が好きなんだ 美智子 私のことか? 私の・・チンポなのか?」

じりじりと肉棒を押し込みながら、妻を追い込む男。「ああぁぁっ そ、そんなっ」 身体を震わせながら、言葉を詰まらせた妻。「どうなんだい? 言えないと、また抜くよ、キスしながら答えて、さぁ美智子」

「ああぁ んっ! す、好き アナタのことも チュルッ オ、オチンポも ァァァッ 好きッ」「だ、だから 抜かないで お、お願いッ」男に言われるまま、自ら唇を近づけ、キスしながら答えた妻なおです。
 

いくら快楽に負けたとはいえ 私にすればショックです。「・・・・・」 男が妻の耳元で囁きましたが はっきりとは聞こえません。 「だ、大丈夫です ああぁっ も、もっと入れて お願い も、もっとぉ」 
広告

広告
関西マニア倶楽部

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする