オマンコが終わり女唇から生温かい白い精液が流れ出しておりました 8

bandicam 2022-11-13 22-21-35-015.jpg

広告


広告

あまりの気持ちよさに時間も空間も何もかもがなくなりいつしか夢の中にいました。

私は、其の時生まれて初めて快楽のあまり気を失ったのでした。どれ位時間が経ったのでしょうか?

けだるい気持ちよさの中で目覚めたとき 一瞬今は朝かと思い「はっ」として目を開くとそこは見慣れた居間でした。

そして自分が素っ裸で畳の上に寝ていることが判ったときに

「ああ、さっきまで佐野さんと素敵な『おまんこ』していたんだわ」と甘い気持ちになるのでした。

起き上がろうとしても腰に力が入らずに首だけ回してあたりを見回しますが、

すでに佐野の姿は見当たらずハンガーに吊るしてあった服も無くなっておりました。

広告
CHU-LIP(チューリップ)

佐野は、気を失った私をそのままにして 自分だけ満足するとさっさと帰ったのでした。

其の事からも佐野の薄情さが伺われるのに単純で浅はかな私は、その後もまったく佐野の本性を見抜くことが出来ないのでした。

柱時計を見るとすでに三時を回っており「いけない、子供たちが帰ってくるわ」と

慌てて起き上がり股間に、どろっ」と何かが流れ落ちるのでした。

見ると 女唇から白い液が流れ出しております。「いやあーー!」頭の中が真っ白になった私は、

慌てて立ち上がると風呂場に駆け込み股間を激しく洗うのでした。

一目見て佐野の精子だという事がわかります。佐野はひどい事に中出しをしていたのです。

広告
本物志向のおちん◯ん

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする