妻はオマンコ汁で自ら漏らした彼の肉棒にむしゃぶりつきました 14

038.jpg

広告


公告

オマンコを突かれたまだその余韻が身体に残っているのでしょう。恥じらいもなく恥ずかしい言葉を口にして男の肉棒にむしゃぶりつきました。「ああぁっ ああぁぁっ・・っ」 自ら漏らせた蜜で汚れた男の肉棒です。
 

そんなことも気にせず根元を小さく扱きながら、顔を横に背け舌を這わせる妻なのいです。 大きく張ったカリの部分にも丁寧に舌先を這わせています。「あうっ! んぐっ!!」彼に何も言われてないのに、妻自ら大きく口を開き肉棒を含みました。

「んんッ! ううぅぅ・・っ!」 くもった声を漏らせながら、妻の方から積極的に咥えています。髪を上下に揺らせながら。「美味しいか 美智子」 枕の上で両手を組み、頭を支える形で妻の行為を見下ろす男なのです。

広告

「お、おいひぃです ぁぁぁっ・・っ」 一瞬、顔を上げ答える妻ですが、再び大きく口を開き、自ら咥えていきました。「うううっっ! んんんッ!!」 苦しそうな声を上げながらも、彼の肉棒に奉仕する妻なのです。

その唇でなぞる音も厭らしさを増し、ジュブジュブと聞こえています。男が無言のまま脚を大きく開きました。 その動きを理解したのか妻の方も咥えていた彼の肉棒から口を離し、その間に身体を入れ、股間に顔を寄せていきました。

「ぁぁぁっ・・っ」 甘い声を漏らせながら男の股間に顔を寄せ、肉棒の裏側に舌を這わせています。片手で根元をそっと扱いたまま。「美味しいか? 美智子」 相変わらず両腕を組んだまま、妻の行為を見ている男なのです。

「お、美味しいです ぁぁぁっ・・っ」 彼の肉棒の裏に舌先を這わせたまま答える妻。「好きか? 美智子」一層大きく脚を広げ 自らM字にした男です。「ぁぁぁっ・・っ す、好き 好きです ぁぁぁっ」 

M字に開かれた彼の股間に一層顔を近づけ、何も言われないまま、肉棒の根元を細い指で扱きながら、今度は男の袋の部分にも舌先を這わせ始めました。もう完全に彼の肉棒の虜です。
 

そして妻が言った”好き”と言う言葉が私の心の中を激しくかき回したのでした。

広告

広告
ネクストグループ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする