私のパンティーの上から女唇をさすり上げてくるのでした 5

bandicam 2022-11-13 22-21-35-015.jpg

広告


広告

佐野の男根は半立ちの状態でしたが、赤黒くエラを張って血管を浮き上がらせたそれは、夫の男根より一回り以上もたくましく今までに見たことも無い立派な物でした。

始めはチラリチラリと見え隠れする男根を、ドキドキしながら盗み見ていた私でしたが、丸見えになったときはさすがに顔が赤くなって喉がからからになり、頭の中がボッとなり何も考えられなくなりました。

佐野は其の時を待っていたのでしょう、いきなり私の右手を掴むと自分の方に引き寄せ男根を握らせたのでした。

突然手を引かれた私は、佐野の方に倒れこみそうになりあわててそこにあるものを掴んだら佐野の男根だったのでした。

私が「ハッ」と思ったときには、佐野に肩を抱かれ 身動きできない状態で唇を吸われて舌が中に入り込もうとしています。

広告
SEXが8倍楽しくなるイス

私は思わず顔を振り「だめよ、だめ! やめてください!」と拒もうとしましたが佐野が「ガッシリ」と身体を抱え込んでいるため動くことが出来ません。

「サッチャンいいじゃあないか、俺は前からサッチャンのことが好きでたまらなかったんだ」そう言うと佐野は、

右手で私のプリーツスカートをまくり上げパンティーの上から女唇をさすり上げるのでした。

すでに私の女唇は濡れていて パンティーに染み出しており それを佐野に知られるのが恥ずかしい私は、手で払いのけようとしますが男の力にはかないません。

「ほほーほら、もうこんなにオマンチョが濡れているじゃあないか? え?サッチャンもしたかったんだろ?」

広告
キャスパーキューティー

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする