オマンコと食事とセクシーな下着で調教されていく私でした 17

bandicam 2021-07-24 15-48-13-350.jpg

広告


広告

私は夫の居ない寂しさを、思いがけずに佐野が埋めてくれているだけで別に浮気をしているのでは無く、

事ある毎に佐野が耳元でささやく「夫の浮気」の話を疑いもせず信じ込み

『お父さんも他の女の人と楽しんでいるのだから、おあいこだわ』と思っていたのでした。

そうして夫が帰ってくれば、佐野と二人で口をつぐんで知らない顔を決め込んで又、夫と普通の夫婦生活に戻れると単純に思っているのでした。

しかし今日も又、際限の無いアクメの連続を味あわされ失神する渡しは佐野の思惑通りに

『もう佐野無しでは生きて行けない』と思うようになるのにそう長い時間は掛からないのです。

広告
電動クリチュパ娘

時々・・私は夫と子どもたちが外に出かけている間に、自宅で昼間からSMの淫らなセックスを楽しんでいたことがありました。

当時はその手の本で『奇譚クラブ』という今でいうところのSM雑誌があったのです。

なので佐野からのSMプレイの要求には驚きませんでした。

そして次の日から、佐野の本当の『調教』が始まるのでした。

私は次の日も、昨日と同じ時間にいそいそと出かけて行きました。

出かける前に風呂場で股を丹念に洗い その女唇の中に「ペッサリー」を埋め込みました。

広告
ブラン・シークレット

其の事で興奮している私の女唇は、さっき綺麗に洗ったにもかかわらず

すぐに変えたばかりの白いパンティーにいやらしい染みを作ってしまうのでした。

佐野は昨日と同じように又、別のデパートへ連れて行き 今日は身体にピッタリとした半袖の白いワンピースを買ってもらいました。

このように佐野は、会う度に毎回毎回、ハイヒールだったりスカートだったりシルクのブラウスだったりと私の喜ぶ物を惜しげもなく買ってくれました。

広告
亀頭オナニー道場

一見 私の欲しそうな物を買ってくれるのですが、その実ハイヒールはとても踵の高いものでしたし、 

スカートはタイトでスリットの入ったセクシーな物と言うように私の身に着けるもの全てを、

佐野の好みの物で着飾らせるのが狙いだったようです。

しかし、そんな事とは夢にも思わない私は、佐野の思惑どおりに益々信頼しきって行くのでした。

私の中では、この時 自分の欲しい物を何でも買ってもらえて豪華なレストランで食事をさせて貰って 

その上夢のような素敵な『オマンコ』までしてもらえて この世の楽園にいるような気分を毎日味わっているのでした。

広告
人気オナカップTOP30 カップのオナホぜんぶヌク!大作戦

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする