絶頂が近づいてきたのか妻の身体が小刻みに震え始めました 13

037.jpg

広告


公告
A10サイクロンSAプラス

 私にもはっきり聞こえる妻の秘部から蜜が溢れ出す音です。 男は再び妻の尻肉をガッチリと掴み、逞しい肉棒を押し込んでいます。「あああぁぁッ! ゴ、ゴメンなさい と、止まりません ゴメンなさいッ! アアッ いいっ!」 

秘部から漏れる音が変わり、自分の中でも蜜が溢れてるのが分かるのでしょう 妻は男に謝りながらも、その快感に身を捩りシーツをギュッと握り締めています。「いいッ! 当たる! あたってるぅ! ああッ! い、逝きそう!!」
 

最初の絶頂が近づいてきたのでしょう 妻の身体が小刻みに震え始めました。 鈴木氏の凶器が妻の子宮口に当たっているのです。 ビュッ!! 妻が絶頂を向かえる寸前、鈴木氏がいきなり肉棒を引き抜きました。妻が秘所の中で漏らせた蜜が飛び出す激しい音と共に。

広告

「ああっ! い、いやっ! ぬ、抜かないでッ!」大きな波が頭の中を襲う寸前に肉棒を引き抜かれた妻でした。先ほどと同じように寸止めです。「ど、どうして・・・・」 言葉を震わせながら戸惑う妻です。

妻と同じように、最初の妻の叫び声を期待してた私も熱くなった股間を握り締めたままです。「ふうッ」 そんな妻の声を無視するよう、男が一息吐息をつきベットの上に仰向けに寝転び、妻をグッと抱き寄せました。
 

同時に妻の手首を持ち、彼女の秘所から溢れ出た愛液まみれの肉棒を握らせます。 片方の手は妻の首を支え、妻の唇を自らの唇に合わせていきました。「うッ! んんんッ!」 不意をつかれた妻ですが、

男の手が自分の首から離れてもそのままの姿勢で、自ら舌を絡ませているようです。根元までベトベトに光る男の肉棒を握り締めたまま。再び長い口付けです。妻の方が上になり男の口の中で舌先を絡めている様子が分かります。

彼の肉棒を握る妻の細い指は竿全部には回りきれてません。 その指がよっくりと上下に動き始めました。「さぁ もう一度、奉仕だ 出来るな 明子」 妻から口を離した男が低い声で囁きます。

「は、はい」 素直に返事を返した妻です。彼の分厚い胸板に沿うよう顔を下げ、妻は目隠しを受けたまま唇を近づけました。「ああッ か、硬いッ おっきいぃ」 絶頂寸前で止められた妻なのです。 

広告

広告
ネクストグループ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする